上岡龍太郎の妻(嫁)は誰?ロマンチックな馴れ初めと家族構成を紹介!

上岡龍太郎の妻(嫁)は誰?ロマンチックな馴れ初めと家族構成を紹介!

東西の芸人やタレントに大きな影響を与えた芸人・上岡龍太郎(かみおか りゅうたろう)さんが、2023年5月19日に亡くなっていたことが分かりました。

2000年4月に芸能界を引退され、ほとんど表舞台に姿を現すこともなかったので、神岡龍太郎さんの存在を知らない方も多いのではないでしょうか。

それでも逝去に際してたくさんの方が追悼のコメントを出しており、引退してなおその存在感の大きさ、上岡龍太郎さんのカリスマ性を垣間見ることができます。

そこで今回は、上岡龍太郎さんのプライベートにスポットを当てて、奥さんや家族構成について紹介します。

目次

上岡龍太郎の妻(嫁)は誰?

上岡龍太郎の妻(嫁)のお名前は、友岐子(ゆきこ)さんと言います。

年齢は上岡龍太郎さんの8歳年下になります。

画像出典:産経新聞

友岐子さんは、上岡龍太郎さんがテレビに出ている全盛期の時代は専業主婦だったのですが、過去にテレビに出演されていた時期もありました。

関西ローカル番組『奥様リビング』に出演されたり、当時大人気番組だった『パンチDEデート』の親子番組としてスタートした『二人でお茶を』で、桑原征平アナウンサーと司会を務めています。

時代もあるとは思いますが、専業主婦の方が番組の司会ができるなんて普通の考えて凄いことですよね♬

その番組が終了し以前のように専業主婦に戻りましたが、その傍ら上岡龍太郎さんの個人事務所・上岡プロモーションの社長として、夫の芸能活動を支えていました。

上岡龍太郎さんが引退後は、一緒に舞台を見に行かれたり旅行に行くなど仲睦まじい生活を送っていたそうです。

上岡龍太郎と妻(嫁)との馴れ初め

上岡龍太郎さんと友岐子さんとが、初めて出会った時の年齢はなんと、上岡龍太郎さんが21歳で友岐子さんが13歳の時になります。

13歳といえば、中学1年生・2年生くらいの時ですよね。

これには裏がありまして、実は友岐子さん自身が上岡龍太郎さんのファンだったそうです。

言い換えると、上岡龍太郎さんが数多くいるファンの中から一目惚れしたということになりますね♬

そして行動を起こすのがさらに凄いところで、上岡龍太郎さんは友岐子さんにこのような言葉を伝えて口説き続けました。

君は将来、ぼくと結婚する

お互い成人なら問題ないでしょうが、当時未成年の女性に言う言葉としてはかなり問題ですよね(笑)

このことに関して上岡龍太郎さんは、『当時でも問題ですが、純愛だったので良しとしましょう』と語っています。

その後、上岡龍太郎さんと友岐子さんは6年間交際し、結婚をされました。

上岡龍太郎の家族構成

息子

上岡龍太郎さんには、息子さんが一人います。

お名前は、小林聖太郎(こばやし しょうたろう)さんと言い、映画監督としてお仕事をされています。

画像出典:サンスポ

〜小林聖太郎の経歴〜

名前:小林 聖太郎(こばやし しょうたろう)
生年月日:1971年3月3日
出身地:大阪府大阪市城東区
職業:映画監督
出身大学:関西大学法学部政治学科

小林聖太郎さんは関西大学法学部政治学科卒業後、ジャーナリスト今井一さんの助手として、『阪神大震災の被災者にラジオ放送は何ができたか』『大事なことは国民投票で決めよう』などの取材・執筆に携わりました。

その後1996年に今井一さんの知人である原一男さんの主宰する『CINEMA塾』の第一期生として参加、その2年後の1998年にからは助監督として数々の映画作品に携わり活躍。

そして2006年、大阪・十三の映画館第七藝術劇場の復活記念DV作品『かぞくのひけつ』で劇場公開作デビューをされました。

この作品で、2006年度(第47回)日本映画監督協会新人賞・2008年11月に新藤兼人賞2008を受賞。

2011年に監督を務めた、小泉今日子・永瀬正敏主演『毎日かあさん』では、第14回上海国際映画祭アジア新人賞部門で作品賞を受賞され、映画監督として着実にキャリアを積んでいるようです。

父の逝去に際して、このようなコメントを発表しています。

とにかく矛盾の塊のような人でした。

父と子なんてそんなものかもしれませんが、本心をうかがい知ることは死ぬまでついにかなわなかったような気もします」と回顧。

「弱みを見せず格好つけて口先三寸…。運と縁に恵まれて勝ち逃げできた幸せな人生だったと思います。縁を授けてくださった皆様方に深く感謝いたします」と結んだ。

スポーツ報知

最後まで上岡龍太郎さんらしさを貫いたということですね♬

上岡龍太郎の甥っ子は芸人のミキ?

お笑い芸人『ミキ』のおふたりは、上岡龍太郎さんの甥っ子になることは間違いないようです。

上岡龍太郎さんの妹さんが、ミキのおふたりの母親になります。

そうなると普段から交流があったかどうか気になりますね。

ミキのおふたりが、鶴瓶さんMCのTBS『A-Studio』に出演した際に、『小さい頃に2回会ったことあるけど、芸人になってからは会ったことない・・』と語っていました。

画像出典:TVLIFE

頻繁に親戚付き合いをしている訳ではないようで、その理由は上岡龍太郎さんと妹さんが異父母ということも影響しているかも知れませんね。

また、ミキの番組出演が決まった際に、鶴瓶さんが上岡龍太郎さんに電話をしたそうです。

その時に、上岡龍太郎さんはミキの漫才に関して『漫才の形としては安定してる!』、『ミキをよろしゅう頼むわな!』と鶴瓶さんに伝言をしました。

これにはミキも感無量の様子で、本当に嬉しかったことでしょう♬

会うことはなくても気にかけていたこと、またそれを直接本人たちに言わない姿勢も上岡龍太郎さんらしいなと思います。

ミキの二人も上岡龍太郎さんの甥っ子であるということを隠しており、今の活躍を自分たちの実力で勝ち取っています。

そういったミキの姿勢を上岡龍太郎さんは感じ取って、あえて何も言わなかったかも知れません。

ミキの活躍を上岡龍太郎さんも、天国で望んでいるはずです。

まとめ

上岡龍太郎さんの奥さんや家族構成についての紹介でした。

奥さんとの馴れ初めのエピソードは、なかなかの衝撃でしたね♬

芸人のエピソードとしては100点満点なのかなと思います。

ミキの今後の活躍にも期待しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次